スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

ザ・新作! その1

お待たせしました、新商品を紹介します!


先日ブログでも紹介した、
世界で最も美しい紫水晶“ヴェラクルス・アメジスト”

その原石ペンダントです。


ヴェラクルスアメジスト_p1
シャープな形で色が濃い紫です

ヴェラクルスアメジスト_p2
ラベンダー色と呼ばれる淡い色で原石らしい形

ヴェラクルスアメジスト_p3
これもラベンダー色でカテドラルクォーツに近いどっしりした重厚感があります


枠とチェーンはシルバーです。
3つとも、インクルージョンはほとんど無く、
トップの欠けもほとんど無く、
輝きは申し分なし、です。


今日、お店に並べてきましたので、
ぜひお越しください!!
ページトップへ

2月といえば (石のハナシ)

もう1ヶ月経っちゃいました。
2月ですよ、早すぎでしょー??


さてさて。
2月の誕生石といえば“アメジスト(紫水晶)”ですね。

紫は昔から高貴な色とされて、アメジストも品位の高い宝石とされてきました。
また語源ともなったように、悪酔いを防ぐ石ともよく言われます。


一口にアメジストといっても、
その中でもいろいろな種類があります。
これはアメジストに限らずですが、
石って産地によって色や形、内包物が全く違うのです。


その、数あるアメジストの中でも、
自分が一番魅せられたのが今回ご紹介する、
ヴェラクルス_アメジスト
《ヴェラクルス・アメジスト》です。
別名“世界で最も美しいアメジスト”


その通り、透明度・輝き・色、非の打ち所が無いと思います。
(これとナミビアのブランドバーグ・アメジストが双璧かなと思ってます)
もう、見れば必ず解っていただけるはず!
本当に見て欲しいと心から願っている石です。
いや、本当に見て欲しい!!
(写真をクリックして拡大してみてください)

この石は原石のままでこそ真価を発揮する石です。
カットして研磨するなど、野暮ってもんです。


ちなみに、ヴェラクルスというのは、産地だったメキシコの州の名前。
“だった”というのは、この鉱山、すでに閉山してしまっているんです!
なので、現在公的に流通しているのは、以前に採れたストックのみ。

石を見つけにいくときは、必ずこの石に注目していくのですが、
やはり流通量が減っているのか、年々大きなポイントは出てこなくなってますね。
稀にあったとしても、すーんごい値段だったりして・・・。


ですが!

この写真の石のうち数個は、ペンダントに加工しています。
来週末には、アート・ヴィレッジ内に並べますので、
実物、是非見に来てください!




★★★★★ここからはチョイとパワーストーンとしてのハナシ★★★★★
             ご興味のある方のみどうぞ




















ヴェラクルス・アメジスト

高い波動が成せる技なのか、名刀のような「鋭さ」を持った石です。
かといって、粗暴でもなく攻撃性とは皆無。
普段、優雅に構えていながら、実は懐剣を忍ばせていそうな女性・・・といったところ。
“凛としている”というのが一番近いのかもしれません。
それは、ふわっとした波動のラベンダー色でもそうです。

ちょっととっつき難いかもしれませんが、
しっかりコミュニケーションをとれば、
その気品の高さでネガティブエネルギーが近寄れないようにしてくれます。
眼光一発でたじろがせてしまいます。

パートナーにも、同等の気品を求める個体もあまりないようです。
なので、どんな方とでもパートナーシップを持ってくれると思います。
ページトップへ
プロフィール

ハラダアキノリ

Author:ハラダアキノリ
“和の精神息づく飾り物”
『飾屋しろがね』

“石と人の縁を紡ぐ”
『紡-TSUMUGI-』

二つのアクセサリーブランドの職人
ハラダアキノリによる日々の日記。

作品情報や店舗情報から、
製作風景なども載せていきます。

たまにくだらないコトも書きます。

カテゴリ
最新記事
作品写真
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。